人とのつながり

人とのつながり

 先日、管理栄養士の友人が施設を訪ねてきてくれました。私としては、1人職場の管理栄養士に、特養で働く同年代の知り合いが出来れば、色々相談できるんじゃないかなぁ~なんていう想いでした・・・。2人とも、それぞれ自身の現状と比較ができ、自分が「今何が出来るか、何をすべきか」を考えるきっかけになったようです。過去のブログの中で清水副施設長が書いた「一人職場の大変さ」というのがありますが、本当にその通り。

 開設から4年間初富の里の管理栄養士として、いつも1人で、時には他の職員に助けてもらいながら、様々な経験をしてきたのを近くで見てきました。後悔したこと、考えたこと、悩んだこと、たくさんあった。きっと相談できないことも多かったと思う。 どの職員もそれぞれの仕事で大変な部分はあるが、誰かに相談できないことは辛いこと・・・。

 私にとって、施設内だけでなく相談できる相手(仕事上の仲間)がいることは、とても大事なこと。つながってくれている人たちは、いつも足りない自分を認識させてくれる。そして時に折れそうな、ブレそうな心の支えとなってくれている。

※写真は内容とは関係ありませんが、5月は施設長・副施設長・管理栄養士と、誕生日が続いていました。おめでとうございます!

在宅課長 梅本実祐希