看取りの話題に触れて

NO IMAGE

昨晩のNHKのニュースの中で看取りの話題があった。
病院か、施設か、ご家族は苦渋の選択の末、施設での看取りを選択した。

番組内では統計データも示されていたが、施設での看取りは年々増加しているとのこと。病院で死ぬことができなくなる時代が程なく到来すると予想されている現在、終末期において介護施設の果たす役割はますます増大する一方である。

初富の里では看取りケアの充実を方針の一つとして打ち出している。社会的要請にしっかりと応えることのできる施設でありたいと思う。

冒頭の例では、ご本人は最期、「ありがとう」とご家族に伝えてお亡くなりになったとのこと。その一言で、苦渋の選択をしたご家族の気持ちは、どれほど癒されたであろうか。

看取りに至るまでには、ご本人・ご家族はじめ関係する様々な人の想いが交錯する。そのような方々の想いを踏まえて、誠心誠意のケアを提供していきたいと思う。MS