失ってみて気づくこと

NO IMAGE

この数日、体調がすぐれない。微熱が出たり、咳き込んだり。ひとえに自分自身の体調管理の甘さが原因であるのだが・・・。普段は健康で過ごせることをどこか当たり前だと思い、まったく意識もしない。しかしこのように体調を崩してみると、健康であることがいかに幸せであり、感謝かと思う。
私たちは何か物事を考えるとき、なかなかその価値がわからないことが多いが、そのものを失ってみたとき、初めてそのことに気づくことがままある。失ってからでは遅いものもある。普段からその価値に気づくことのできる、本質を見つめる眼を養いたい。MS